公式フェイスブックはこちら

江村の人

  • ホーム
  • 江村の人
  • イイミライエ
  • RC注文住宅
  • RC賃貸マンション
  • 施工事例
  • 採用情報
  • 会社概要

HOME > 江村の人

家を造る=街を創る
半世紀の経験とノウハウ

file.001

代表取締役
江村克志

登山からまち歩きへ。
生涯を通じて楽しむ

file.002

代表取締役
江村克志



オフィスの壁に飾られた一枚の写真。険しくも、どこか神々しいその姿。江村社長の撮影だそうです。






ロッククライミングに熱中した20

若いころは登山をしていました。剣岳、谷川岳など国内の主要な山は登りましたね。海外で登ったのは唯一、ヒマラヤの7,300メートル級の山。1986年、30歳でした。日本を出国して約2カ月後に山頂へたどり着きました。
登山は学生時代に上高地に登ったのが初めて。井上靖の小説『氷壁』の舞台となった山小屋「徳澤園」から穂高を見渡す描写が印象的で、「自分も見てみたい」と思ったのがきっかけです。大学卒業後、ロッククライミングをやるため に、東北でもトップレベルだった仙台山岳会に入り、会長までやりました。



年に一度、テーマのある旅

最近は登山というより、もっぱらハイキングですね。近所の同世代の仲間と「おじさん3人旅」を楽しんでいます。「自然が美しいところ」「古い建物・まち」をテーマに私が行き先を決めます。年1度、2日3泊の旅。今年は尾瀬や新潟・村 上方面を回りました。
途中、長岡市も経由したんですが、市役所がとても良かった。隈研吾氏の設計で、土間があったり、美術館のフロアがあったり。とにかく市役所らしくないんです。見学者も多く、注目されているからでしょうか、そこで働く職員も非常にきびきび、生き生きとされていました。






登山、旅、まち...興味は一本の筋になって今につながる

あちこちへ行って思うのは、魅力的なまちには、魅力的な人がいるということ。 わたし自身も地元のまちづくりに携わっているので学びも多い。おじさん旅は趣味と実益を兼ねていますね。
山登りを始めたのは18歳。古いまちに興味をもったのもその頃です。思えば、あの頃から変わっていなんですよね。弊社の新卒の新入社員によくいうんです。「今、好きなことをやるといい」と。生涯を通じて楽しめるモノやコトを見つ けられる時期なのだから。




インタビューを終えて...
「最近は仕事ばっかりで、話すことないよ」
最初は戸惑いぎみだった江村社長。話題が進むと、さまざまな表情が次々と見えてきました。ヒマラヤ登山に挑んだころ、将来に不安があったそうです。登頂に成功したことが、迷いを吹っ切り仕事に臨む覚悟を決めたきっかけになりました。人に歴史ありですね。

家を造る=街を創る

くり手を知れば、建物の姿も見えてくる。
江村工務店の「ヒトたち」に探るインタビュー。
まずは社長・江村克志が、コンクリート(RC)住宅に対する思いや可能性をお伝えします。



半世紀の経験とノウハウ、家づくりに生かす。

江村工務店は半世紀にわたり、マンションやビルといった鉄筋コンクリート(RC)建築物の型枠大工工事施工と四半世紀、建築の施工管理をメインにしてきました。
「型枠」。聞きなじみの薄い言葉かもしれませんが、簡単にいえば、合板などで枠を作り、コンクリートを流し込めるようにする工事。基本となる“箱”をつくる、RC建物には欠かせないものです。培ったノウハウを生かし、江村工務店が新たに取り組むのがRCの分譲住宅「イイミライエ」です。




「コンクリートは住宅=高い」は変えられる。

2015年に宮城県内で建てられた新築戸建のうち、RC住宅の占める割合はわずか0.2%。1000戸中2戸の計算です。どうして普及が進んでいないのか。その理由は「RC住宅=高い」というイメージにあります。実際に、これまでのRC住宅は高額でした。そんな中、わたしたちは木造住宅とさほど変わらない価格で提供することができます。長年のRC建築の経験で培ったノウハウを持ち、コンクリートの特性を知り尽くす型枠職人、施工管理者がいるからです。そして何より、「RC住宅を普及させたい」という思いが一番。RC住宅は注文住宅が一般的でしたが、コストが低めの分譲・建売というスタイルを選んだのもそのためです。

創りたいのは、新たなまちの風景とコミュニティー。

RC住宅の割合が1%でも2%にもなれば、街並みが変わります。例えば、フランスのアルザス。黄色や赤色のカラフルな家が並び、美しい街の風景を創っていますよね。RC住宅が建ち並び一つのコミュニティーができれば、これまでにない街の景色が生まれるはず。夢物語といわれるかもしれませんが、京都の町屋のような街並みをRC住宅で創れたらいいなと思うんですよね。きれいでしょうね。
ソフト面にもいえます。「3階建て」「屋上緑地」が可能なRC住宅は、コンパクトな土地、例えば20坪程度にも建てることができます。1棟しか建てられなかった土地に2棟建てられる。つまり住む人が増えるということですね。土地代を抑えられるため、郊外に流れていた子育て世代をまちなかに呼び込むこともできます。若い家族や子どもたちがまちに増えれば、地域のコミュニティーも変わるはず。まちの再生も期待できます。



RC住宅は地産地消の家。職人に夢も与える。

江村工務店のRC住宅は、職人が一から現場で作る“手づくり”の家です。型枠に流し込む生コンは時間が経つと固まってしまうため、長時間の運搬ができません。せいぜい1時間ほどの距離が精一杯です。つまり、RC住宅の建築に携わるのは“地元”。RC住宅は「地産地消の家づくり」といえます。
江村工務店がRC住宅の普及に取り組む理由。その一つに「職人を育てたい」という思いがあります。木造大工にしても型枠大工(職人)にしても高齢化は深刻です。江村工務店でも型枠職人の平均年齢は40代後半。このままでは10年後には職人がいなくなってしまう。型枠だけの単一の職人ではなく、昔の大工の棟梁のようないくつかの工事を一人でこなせる「多能工職人」の養成も進めていきたい。
江村工務店は今年、6人の新卒社員(高卒5人、大卒1人)を迎えました。この地域では多い数です。皆、仕事に希望を抱いて入社してくれました。定期的に勉強会も開き、「一人前」になるべくサポートもしています。RC住宅を広めることで、職人たちにやりがいと誇りを与えたい。職人の地位を上げ、夢や憧れを抱く仕事にしていきたい。それが願いです。







インタビューを終えて…
もともと型枠職人だった江村社長。職人を思う気持ちは人一倍です。新入社員への勉強会も江村社長が自ら指導に当たるそうです。
「地産地消」「手づくり」といったワード、RC住宅を通して家単体ではなく町並みやコミュニティーの未来までを思い描く。どこか無機質に感じていたコンクリートの家に温かな血が通った、そんな印象を覚えるインタビューとなりました。次回は、仕事以外の江村社長の「オフの顔」に迫ります。

江村克志ブログ:加護坊山麓たより・町づくり
http://plaza.rakuten.co.jp/emurakoumuten/


取材・文章・写真:「わたしのかたち」編集部
http://watashinokatachi.com